カテゴリー:化粧品を塗る

2013年08月17日

化粧品のパッティングの意味

化粧品を塗るときにはパッティングということをします。

パッティングは肌を叩いて刺激して、化粧水などを塗ることです。

これには賛否両論あるらしいですね。



パッティングは肌を直接叩くので結構痛いらしです。

まあ、叩きすぎはどうかと思いますが、刺激が強くなると肌に悪影響があるみたい。

私の場合は男性ですが、肌が乾燥しやすいので、保湿剤、保湿のための水を使っています。

以前はパッティングしていたのですが、結構乾燥しやすくなります。

おそらく叩きすぎで肌を痛めて、そこから蒸発していたんでしょうね〜。

気をつけた方がいいですね。

肌を叩く化粧品の付け方は、女性でも結構する人が多かったので、心配ですね。


化粧水を塗るなら、しっかりと叩かずに塗ったほうがいいと思います。

肌は敏感ですからね。
posted by ヘルスパワー at 22:22| Comment(0) | 化粧品を塗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

ハンドプレスの効果とは?化粧水の浸透力が高くなります

ハンドプレスは化粧品を塗る時のテクニック。

手を肌に密着させるので化粧品を浸透させやすくなります。

ゆっくり押さえるので、皮膚に馴染ませやすいんですね。



ハンドプレスはマッサージ効果があります。

肌を叩くのはなく押さえるので気持ちよくなります。

マッサージなので、血液の循環も良くなったりするんですね。

密着感もあるので、浸透率もあがります。


ハンドプレスは化粧品を深く塗りたいならオススメの方法です。

やっぱり化粧品は表面だけでなく、皮膚の中までしみ込ませたいですね。

ハンドプレスならそれができます。

叩かないので痛くないのもよくて、肌も痛めません。


それにしても、昔は叩くのが普通だったのに、変わるものですね。

ハンドプレスは肌にも優しくて血行も良くなるのでいいですよ。
posted by ヘルスパワー at 02:41| Comment(0) | 化粧品を塗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化粧品を塗る時のパッティングとハンドプレス

化粧品は綺麗になるためのものです。

その化粧品は『塗る』のが基本ですが、やり方があるのをご存知ですか?



パッティングとハンドプレスというのがあります。

パッティングは叩き込みで、肌を刺激して血行を良くすることです。

ハンドプレスは押し込みで、化粧水などを伸ばして、両手で覆って手のひらでゆっくり抑えることです。

どちらにもメリットがありますよ。

パッティングは保湿力が高くなって、ハンドプレスは化粧水の浸透力が高くなります。


どちらにもメリットはありますが、やはりハンドプレスをするのがいいですね。

パッティングは刺激が強いのがデメリットですね。

刺激が強いと肌を痛める可能性がありますから。
posted by ヘルスパワー at 02:27| Comment(0) | 化粧品を塗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。